DIY‐玄関にフレンチなニッチを【壁に空いた穴の行く末】

ニッチ DIY

前回、我が家に空いてしまった穴。 DIYチャンネルを作って、3作品目にして穴掘りしてしまいました。

そして4作目の今回は、この穴にニッチ(飾り棚)を作っていきます。壁の穴がどうなったのか是非ご覧ください。

ちなみに、今回のテーマは「思い出」です。

壁に空いた大きな穴にニッチを埋めてみた。後半【DIY】

穴が空いたまま1週間・・どうなることかと思いましたが、何とか新しい玄関の顔の出来上がりです。

この記事では私の夫が作ったYouTubeのDIYチャンネルをご紹介しています。記事内では動画の内容と、使っている道具のリンクも一緒に紹介しています。

よろしければ、まず動画をご覧ください!

廃材を使ってフレンチなニッチの木枠を作る

ニッチの穴

こちらが、前回空いてしまった穴です。一体、何を作るのでしょう・・

引き出し

倉庫から取り出したのは木の引き出し。最近見かけないなぁと思っていました。

ドライバーを使い、少しずつ引き出しを解体していって。外した一部を壁の穴に当ててみると・・おお!シンデレラフィット!?

マイターボックスを使って余分な部分をカットしていき、微調整します。

本来はここで、前回切り取った壁の石膏ボードをそのまま背面として使う予定でした。でも、奥行きが合わなかったため断念。

圧着中

壊れたカラーボックスの背面を使って、ニッチの囲いを作っていきます。

引き出しから解体した板と、カラーボックスの背面を木工用ボンドとネジで固定。

圧着用の器具は百均でも売っています。

続いて、取り出したのは端材。以前ドアを作った時に余った、かまぼこ型の端材です。円柱を半分に切ったような形をしています。

それを斜め45度に切り、ニッチの枠として木工用ボンドで貼り付けます。

ニッチの枠

そうして、いよいよ壁の穴に作った木枠をはめます。この瞬間ドキドキですが、無事ぴったり!

綺麗にはまってくれたので、作った木枠を接着します。

他にくっつかないようマスキングテープで養生して、ジョイントコークA(ホワイト)で接着します。

手にもくっつくので、手袋も忘れずに!

縁にくっつけた端材の角の隙間を、木工のパテで埋めます。動画ではウッドシールのベニア色を使っています。

仕上げに、IKEAのBEHANDLAを塗って色を仕上げます。ざっくりした塗り方で、色味に味を出します。

これで、木枠は完成です!

ニッチにもうひと工夫、キーホルダーを作る

作ったニッチにもう一つ手間をかけて、もう一つ便利に。

フォトフレーム

ニトリのフォトフレームを使って、扉を作ります。

こちらのフォトフレームは廃盤になってしまったもの。ちょっと裏が外れやすいので、扉として使ってしまいます。

ガラスが割れないように、裏側はダンボールで補強してあります。

蝶番をビスでつけて、ニッチの木枠に取り付けます。

ガラスも落ちないように接着剤で固定して・・・

セルフリノベーションで、ヨーロピアンな飾り棚の完成!

ニッチ

完成~~!!

ニッチの完成品

フォトフレームの奥には、百均のマグネットが取り付けてあるので鍵をしまえます。

ちょっとした小物が飾れて家の顔にもなりますし。来客があっても、鍵置き場が目隠しになるので機能的です。

壁に穴が空いた時はどうなるかと思いましたが・・・これなら、いいかな。にやり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました