DIY‐プラダンを使った二重窓で冬支度|小窓の雰囲気も激変

DIY

この記事は12月の記事を移行したものです。

作成時期と季節が異なることをご了承ください。

こんにちは、ハナ(@hana_suzume)です。

いよいよ寒さも本格化。寒さ対策は済んでいますか?

我が家も寒さ対策の一環で、また夫が新しい作品を作りました。

プラダンを使った二重窓です。

二重窓|プラダン|簡単アレンジでお洒落につくる|VLOG#10

こちらの記事は、YouTubeチャンネル「mokuhug」で公開している動画について深掘りします。

よろしければ、動画の方もご覧ください。

小窓ちかくでの作業は冷える

ヒーター

前回作ったワークテーブルの目の前には、どこからともなく冷気を漏らす小窓があります。

夜、作業をしていると少しさむい。

足元にフットヒーターをつけて暖めるけれど、どうしても冷たい隙間風が気になる。

そんな日は。

プラダンを使った二重窓を作ります。

プラダンとは?

プラダンとは、養生などに使うプラスチック製の段ボールのようなもの。

段ボールと同じく中に空洞があるので、窓などに貼るだけで断熱効果があります。

プラスチック製なので、紙の段ボールの数十倍の耐久性を持ち、耐熱、耐水性も優れています。

更に非常に軽く、カッターナイフなどで簡単に切断できるので、工作して使うには非常に便利な材料となっています。

窓のサイズにあわせて木枠を作っていく

プラダンを直接窓に貼るのではなく、木枠にプラダンをはめ込む形で二重窓を作っていきます。

実際の窓枠に合わせて木材を切り、組み立てていきます。

ペイント

色々な塗料を試し塗りしてみますが、なかなかイメージのあう色が見つかりません。

ペイント

結局いつもの塗料に落ち着きます。 OLD WOOD WAXのチーク色。

枠をはめてみる

でも、いざ窓枠にはめ込んでみるとやっぱりしっくりこないような。

そんな時は・・・

枠をはめこむ

色をリバーシブルにしてしまう!

気分で窓枠の色を変えられるってのも、いいんじゃないでしょうか。

どんどん自分の好みに作り変えられる。それがDIY。

プラダンで窓を作る

今度は木枠にあわせてはめ込むプラダンを切っていきます。

見ての通り、カッターでサクサク切ることのできるプラダン。

ただ、簡単に加工できる反面、少し見た目がよろしくない。

なので、ここでまた一工夫していきます。

両面テープを貼る

両面テープを貼って・・

フィルムをカット

窓用のフィルムをカットしていきます。

ちょっと、飾りガラスのような見た目になるように。

くっつかない

ところが、上手くくっつかない・・

失敗もDIYのうち。

思いついたアイディアも、必ずうまくいくとは限りません。

人生も同じ、ダメながら次の手を考えるだけ。

ホチキスで直接くっつけて、三重窓にしてしまいました。

仕上がり

仕上がりはいかがでしょう。

プラダン二重窓、完成

試行錯誤の末に出来上がったプラダン二重窓。

完成プラダン二重窓

窓際の作業も、寒さが少し和らぎました。

暖房の効果も上がるので、お財布にも優しく私もうれしい。

ここまで作らなくても、プラダンを貼るだけでも充分断熱効果はあります。

この冬にはプラダン二重窓、作ってみるのはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました